2006年05月12日

仕事の進め方 その2


あんまり期待してる人いなさそうなので、短めに書く。

@ 予実管理
A 骨格作り・俯瞰
B リスク管理
C 連携
D メリハリ

のうち、@ と A は終了。

B リスク管理

“見える化”などの単語が流行ってるが、対処する・しないに関わらず、
どのような問題が起こりうるか思考し、明確に見えて管理できるようにする。
問題解決能力はまた別に必要だが、「事が起きてから対応する」方法は
行き当たりばったりというギャンブル性を多く含む。
とりあえず頭の中でシミュレートしてみる事だ。
課題・懸案事項と絡めて考えるといい。
流動性が高い場合もあるので、プライオリティを間違えないように注意する。


これができなければどうなるか?

問題が起きてからあたふたする。パニックになる。
当初から想定しておけば、たいしたことない問題も
事が起きてから用意することによって傷口が広がったり。


例えば?
他社や他チーム、ユーザー等からの仕様が確定しなければ進まない作業がある。
しかし、作業依頼すれどもなかなか仕様が出てこない。
「なんとなくやばいなぁ〜」位の感じで、目先の仕事に追われて、忘れてしまう。
期限ギリギリになって、蓋を開けてみればこちらが想定していたものと全然違う。
「だから言っただろ!言わんこっちゃない!」と、あたかも前から分かっていました発言。


いや、それちゃんと管理してねーからじゃんw


* 関連記事
仕事の進め方 その1

posted by suVene at 14:38