2006年11月15日

リアルとかけ離れた議論


ブログに書くという目的の中に、一つは意思の表明というものがあるだろう。

ただ、ふとブログで意思を表明する事が虚しくなる事はないだろうか。
表明する問題が切実であれば切実であるほど。深刻であれば深刻であるほど。
その問題からはあまりにも遠く、あまりに及ばず、あまりに無力である事を実感する事はないだろうか。

俺は議論することは嫌いではないが、どうも虚しくなる話題というものがある。
「中絶問題」「いじめ問題」「募金・寄付」とかその類。
要するに、とてもリアル寄りで深刻な問題であるが、なかなか当事者になりにくい問題。

別に、現場の人間や当事者でないと議論するなといっている訳ではない。

ただ、何て言うか

「それでは、次の社会問題で〜す」

ってな感じでメディアや、周りからお題を渡されて

「ハイ!ハイ!ハイ!」

と、小学生のように盛んに手を上げて答えるのはよいのだが、しばらくたつと

「はい、次はいじめ問題で〜す」

と移り変わって、また

「ハイ!ハイ!ハイ!」

って、前の問題についての意見交換は一体なんだったんだ?

みたいな。

意見がある事はよいことだと思うし、表明する事も重要だとは思うが、なんか違う気がするのは何故だろう。

まぁ、一つの問題についてとことん考えてる人や団体も勿論いるわけだし、そもそも流行りの話題を目にして読んでいる俺が悪い訳で、気にせず他のブログ読んどきゃいいだけの話なんだけどな。

posted by suVene at 20:48